市場動向の分析。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析。

株式投資にしろFX(外国為替証拠金取引)、社債等の債券投資にしろ時系列で相場が大きく変動する金融商品は投資対象商品の分析はもちろん市場の動向やマクロ経済、各国政府の金融財政政策等の経済情勢を体系的に分析しておくことが大切です。
時系列変動する金融商品の分析手法には代表的なものとしてテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の二つが存在します。

テクニカル分析とはローソク足チャートやその他の時系列チャートを移動平均その他の統計学的手法で分析することで短期長期の金融商品の価格やレートのトレンドを予測する手法です。
このテクニカル分析には過去のプロの相場師が経験則から見出した法則性・理論が存在するため初心者でも比較的簡単に習得可能な方法です。
経験則から導かれるものですから科学性に乏しくかなり占いに近いものともいえますが、占いよりははるかに正解する確率が高いものです。

一方、ファンダメンタルズ分析は本格的な体系的で実体的な経済の分析のことです。
株式投資であれば投資している銘柄の企業の財務指標を分析したり、所属する市場・産業の分析をしたりする手法です。
株にしろ為替にしろマクロ経済の動向を分析することは必須です。
株と為替は連動することが多いので各国の金融財政当局の政策の動向を分析することも重要です。
ファンダメンタルズ分析は企業財務や産業マーケティング、マクロ経済学など体系的知識が必須となるので初心者にはなかなか難しい部分もあります。

Recent Entries

コメントを残す