高金利の国の通貨でお金を増やす方法。

お金を増やす方法は何と言っての利息です。
利息が高ければ高いほどより多額のお金を増やせることは言うまでもありません。
しかし、日本は「ゼロ金利」と言われるような低金利政策を続けています。
周知のとおり日本は税収不足の国で政府財政は国債という借金で資金調達しています。
その借金の残高も1000兆円を超え国債の差し替えで何とか資金繰りしている状態です。
日本が高金利になれば政府は資金調達が出来なくなってしまいます。
ですから今後も政府日銀が日本の政策金利(公定歩合)を上げ、日本を高金利にすることは無いでしょう。
銀行の利率は公定歩合との連動で決まりますから銀行の預金金利が高金利になることは考えられません。

では、日本人は高金利でお金を増やす方法は無いのでしょうか?
そんなことはありません。
お金には国境は無いわけですから円を高金利の国の発行する通貨に買えればよいのです。
この方法には2つあります。
一つは外貨預金、もう一つはFX(外国為替証拠金取引)です。
後者は少額の証拠金で多額の外国通貨を確保し運用することが可能です。
この時、高金利の国の通貨を買えば高金利の利息分のお金を受け取ることが出来ます。
高金利の通貨を安く買い、タイミングよく高値で売りの約定をし、その売りポジションを1日以上保持すればその日数分の高金利を受け取ることができるのです。

FXを始めてみたいという人には、こちらの「FXの資産運用」のサイトでさらに詳しく勉強してみてください。

Recent Entries

コメントを残す