FXの基礎知識であるテクニカル分析

FXは為替の状況を把握しながら投資を進めていきますが、需給バランスに大きく関係しているのが各国の景気や金利、さらに国際収支などの経済面における基礎的な要因がポイントとなっています。
経済の基本となっていますが、投資ではファンダメンタルズ分析として活用されています。
この要因で為替レートが変わっていきますので、基礎知識として把握しておくようにしましょう。

そんな中でファンダメンタルズ分析は国家の指標などを活用することとなりますが、投資家心理やチャートを確認しながら投資を進めていくのがテクニカル分析です。
テクニカル要因というのは、大半のケースで投資においてチャートを活用しながら投資家はトレードを行っています。
そこから売買注文を出していくことから、投資家の心理を読むこともできます。
為替市場においてはサポート用のラインとして存在する支持線であったり、レジスタンスラインともいわれている抵抗線が、FXの基礎として活用されています。

テクニカルはまず投機的要因があります。
これは膨大な資金を投じていく中で、短期的に利益を稼いでいく取引が何回も繰り返されていきます。
これはヘッジファンドであったり、機関投資家が構成している投資額の大きな投機筋が市場で大きな取引量を占めているためで、短期的な為替相場だと投機筋の動きが大きいとされています。

そしてテクニカル分析では地政学リスクも重要です。
地政学リスクというのは各国で戦争やテロが発生した時、政情不安が起こってしまいます。
投資活動であったり消費について、一気に相場が下落する可能性を秘めています。
FXの基礎知識として理解しておきたいのが情勢が悪化すれば通貨の売却が活発化します。
昔は有事のドル買いともいわれていましたが、基軸通貨となるドルではなく永世中立国となっているスイス通貨であるスイスフランを利用して逃避しているケースが増えています。
急激に地政学リスクは変動を起こします。
リスクにつなげないように要因を理解しましょう。

Recent Entries

コメントを残す